1018B'z愛用品

bz%e3%82%bd%e3%83%ad%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

B’z 4th Mini Album FRIENDS ~感想&全曲解説~

B’zの 1992/12/09日に発売。
4th Mini Album。

「FRIENDS」

すべてLOVEをテーマにした
ラブソングで構成されてます。

コンセプトを前面に立てた作品としては
B’zにとって初めてはないでしょうか??

「ラブソングのB’z」を印象づけた作品。

B’zのラブソングが聴きたい人はオススメ!

スポンサーリンク

B’z 4th Mini Album FRIENDS収録曲

 

Prologue. Friends
 
SCENE1. いつかのメリークリスマス
 
SCENE2. 僕の罪
 
2-2. Love is …
 
SCENE3. 恋じゃなくなる日
 
SCENE4. SEASONS
 
SCENE5. どうしても君を失いたくない
 
6. いつかのメリークリスマス (Reprise)
 

 

 

WS000338→このCDの詳細はこちら

→試聴はこちらから

曲順表記が「#1」ではなく、「SCENE 1」
などの表記になっているのが特徴。

LOVEをテーマにしたいくつかのシチュエーション
を歌にされているからなのか・・・

映画のサントラ盤の様なイメージを意識して
作られたコンセプチュアルなミニ・アルバム
ならではですね!

「いつかのメリークリスマス」が初収録されたアルバム

B’zの冬の名曲!!

「いつかのメリークリスマス」

この曲実はシングル曲ではありません。

この「FRIENDS」に収録されたのが初めてなんです!!

後にいくつかのバージョンが
発売されてますが、オリジナルを
聴きたいならコレですよ!!

僕はこれが一番好きです(>_<)

B’z「FRIENDS」全曲解説!!『回想』『再会』『葛藤』『解決』のストーリーに注目!!

Prologue. Friends

クラシカルで静かなインストナンバー。

松本さんのルーツが伺える気がします!

B’z LIVE-GYM Pleasure 2013 ENDLESS SUMMER
のOPENING. OVERTUREもクラシカルでしたね。

SCENE1. いつかのメリークリスマス

これはB’zの名曲。B’zファンじゃなくても知ってます!

いくつかバージョンがリリースされて
ますが僕はこの最初が一番好き。

クリスマスに恋の思い出がある人は
曲に浸れるんではないでしょうか?

いつかのクリスマスの出来事をを
主人公は「回想」しています。

SCENE2. 僕の罪

一度別れた人を忘れられず、
都合よく電話をかけ再会。

「再会」したのはよかったが・・・

しかし少しタイミングは早かった・・・

もう一度恋愛関係に戻るのか・・・
スポンサーリンク

2-2. Love is …

「恋じゃなくなる日」のメロディを元に、
オルゴールのような雰囲気演奏されている
インスト曲。

Love is …

愛とはなにか??
次に繋がりますね。

SCENE3. 恋じゃなくなる日

これはB’zファンでも人気の高い曲

ベストアルバム『B’z The Best “ULTRA Treasure”』
のファン投票で10位にランクインしました。

稲葉さんの「葛藤」の様子が伺えます。

「恋という形のために壊れるものがあること」

恋愛関係に戻ることへの恐怖が感じられます。

「僕らが追ってる夢は本当は同じもの

かもしれないけど」

「恋はいらないとつぶやく僕は

ただのひとりよがりだろう」

男はこの気持わかる気がする・・・

「そのまま僕はじっと空を見上げてる

恋じゃなくなった日の空を」

 

「再会」してまた恋愛関係を持つ
ことに対しての葛藤が現れてます。

恋という道を選ぶことひとりよがりなのか?

「恋」を選べば大切な人がまたいなくなってしまう・・・

主人公はどうするのか??

「恋じゃなくなった日」の空を見上げてる
ということはやはり恋愛関係に戻るのは
諦めたのか??

SCENE4. SEASONS

 

そしてまた季節が過ぎたようです。

何度目の冬なのかな??

ちょっと切ないアコギが印象的。

SCENE5. どうしても君を失いたくない

「明け方の濡れた道に 車を停めてひとりで

目を閉じ少しだけ懐かしい 夢を見た

僕が走る夢を」

これは「いつかのメリークリスマス」に出てくる
閉店まぎわ走って椅子を買った時でしょうか??

 

「恋じゃなくなる事は 人を裏切ることになるのか」

「愛を貫くことの結果は ひとつなのか」

 

「二人の事に蓋をして生きるとか

 激しく憎みあって忘れるとか

 僕らの行き先がどこかにあるはずだ」

 

「いつか一緒に海に行こう 波の音を聞きたい

あの日の砂の上で踊ろう 過ぎ行く日々に

手をふって」

 

「君は目覚め出かけてゆく

変わらない街のひとごみの中に」

 

稲葉さんは愛を貫くことに悩んでますね。

恋愛関係に戻ると別れがくる。

しかし、結婚するにも夢がある。

でも「どうしても君を失いたくない」

もっと他の方法はないのか??

「FRIENDS(友達)」

アルバムのタイトルに戻ります。
僕的には結婚したのでは??
という可能性もあるような気がしますが、

やはり友達のような関係を選んだんでしょう。

 

6. いつかのメリークリスマス(Reprise)

「いつかのメリークリスマス」のインストゥルメンタル。
ピアノの独奏。

また「回想」が繰り返されるのでしょうか??

最初に戻ったということなら、
やはり「FRIENDS」を選んだという
事なんでしょうね(^_^;)

『FRIENDS』は全体のストーリーを通して聴こう!!

これだけアルバムを通してストーリー
になっている作品はB’zでは珍しい。

これを作ったB’zはやはりすごい!

ミニ・アルバムならではの良さですね。

本当に映画みたいなストーリーが
伝わってくる曲の構成になってます。

実はこの『FRIENDS』続編があります!!

FRIENDS II

WS000339
→このCDの詳細はこちら

 

こちらに関する記事もまた
書きたいと思います!

しかし、B’zのLOVEストーリーは切ない・・・

それでは。

 

bz%e3%82%bd%e3%83%ad%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc
Return Top