1018B'z愛用品

bz%e3%82%bd%e3%83%ad%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

B’zのPVにタモリさんが出演していた!?

B’zのPVには意外な有名人が
多く出演していたりします!

その中でも意外なのがタモリさんです!!!

本日「いいとも!」が終わって
しまうので寂しい限りですが・・・

B’zとタモリさんは意外にも
深い関係なんですよ!!

B’zの数少ないテレビ出演の場である
Mステの司会がタモリさんですからね(^_^;)

そんなことも踏まえて・・・

B’zのどのMVに出演しているのか??

出演時間は??

どんなストーリーなのでしょう??
スポンサーリンク

B’zのPVにタモリさん出演!一体どの曲??

B’zのプロモーションビデオに
タモリさんが出ているのは・・・

35th Single 「野性のENERGY」

このPVは稲葉さんが学校の先生に、
松本さんがギター屋の店員に扮しています!

設定は・・・

“2人が音楽への道を歩まなかった場合”

・稲葉さんは小学校教員免許と高等学校教員免許(数学)を取得。

・松本さんは昔、楽器店でバイトしていたので店員役。
ちなみにこのPVはイケベ楽器店(渋谷店)で撮影されました。
(実際に松本さんはイケベ楽器店の池袋店でバイトしていたそうです。)

タモリさん出演シーンは、松本さんが
電気屋の前で稲葉さん?に電話をしているところ。

電話をかけてる後ろのテレビにMステの
タモリさんが映し出されてるんです。

ちょこっとだけなので、注意して見て下さいね!

残念ながらこのB’z オフィシャルチャンネルで
公開されてるカットにはタモリさんは出てきませんが・・・

フルでタモリさん出演シーンが見たい場合は

B’z The Best XXV 1999-2012
WS000135→このベストアルバムの詳細はこちら

この25周年ベストアルバムには「野性のENERGY」
のMUSIC VIDEOがついてくるのでオススメです!

PVを見ていると、結局最後はバンドを組んで
ライブハウスでLIVEをしています・・・
お二人は結局、音楽しかないって事かな??

というか音楽の道進んでくれてよかった~

 

スポンサーリンク

B’zとタモリさん


そういえば、タモリさんもB’zが好きなようで

B’z25周年時にタモリさんが送ったメーッセージ
が素敵と話題になりましたね

→タモリさんメッセージはこちら


タモリさんメッセージ↓

25周年おめでとうございます。
毎回新曲を聴くたびに『B’zだ』
という集中する気持ちの態度が出来てきます。
それはどこかにスキを見つけようとするのですが
完璧に近く結局『B’zだ』と納得させられるのです。
今後の御活躍を期待しています。

 

僕も全く同感ですね。
タモリさんはよくB’zを知っている。

以前、「芸能人になってなかったら何になっていたか」
というトークでタモリは「俺だったらB’zになりたい」
と言ったそうですね。

いやいやタモリさんになりたい人
もいっぱいいると思いますが・・・


いいともは終わってしまいますが、
Mステはまだ続きますからね。

B’zもっとMステ出てくれないかな~

それでは。

B’z稲葉ソロ「Koshi Inaba LIVE 2014 ~en-ball~ 」サポートメンバー徹底解説!!

遂に稲葉ソロ2014~en-ball~サポートメンバーが決定!!

今回のサポメンは前回の2010~enⅡ
のメンバーとガラリと変わりました!!

→2010~enⅡ~のサポメン紹介記事はこちら

・どんなメンバーになったのか??
・メンバーの経歴は??
・稲葉さんとの関係は??

サポメンについて詳しく解説していきます!!

スポンサーリンク

Koshi Inaba LIVE 2014 ~en-ball~ ライブサポートメンバー決定!!


大島こうすけ[Keyboards]


・1991年 – LOUDNESSのサポートミュージシャンとしての活動を行う。

・上杉昇、柴崎浩らとWANDSを結成し、「寂しさは秋の色」でデビュー

・1998年 – B’zの「B’z LIVE-GYM ’98 SURVIVE」に参加。

・B’z May 共同編曲

・松本孝弘(B’z)「SAKURA」(松本孝弘と共同編曲)

 

いや~B’zと関係が深いですね~
僕はWANDSも大好きなんで興奮します!!

ビーイング系の音楽が好きな人は
最高のサポメンではないでしょうか(>_<)

ちなみに後から紹介するファジコンとも関係があるようで、
FUZZY CONTROLの6th Album 「ROCKS」 収録楽曲のうち

数曲のサウンドプロデュースを大島こうすけ氏が手がけたそう!


この縁でファジコンのサポメン入りが決まったのかも??

Corey McCormick(コリー・マコーミック)
【Bass】

 

「Hadou」の稲葉ソロレコーディングにも参加しています。

前回のKoshi Inaba LIVE 2010 〜enII〜から唯一
今回もサポメン入りしていますね。

稲葉ソロ予習しておくのもありですね↓↓↓


Koshi Inaba LIVE 2010~en II~

WS000226→このDVDの詳細はこちら

 

ギタリストRafael Moreira(Pink、Rock Star Supermova)
の作品に参加。Chris Cornellのバンドオーディションに
Rafaelと参加。その座を射止める。

そこで出会ったYogi Lonich(ヨギ・ロニチ)と
結成したバンド”Run Through The Desert”でも活動中。

スポンサーリンク

Duran[Guitar]

 

Duranとは内藤デュラン晴久という人のようです。

こんな感じでツイートしてました↓

 

以前はThe ROOTLESS(ルートレス)という
バンドに在籍していましたが、今は脱退。

 

このバンドはアニメ『ONE PIECE』の主題歌に
起用された「One day」でメジャーデビューして
いるので知ってい人も多いかも!

しかもDuranさんイケメン!?

Guitar Lecture by Duran One day / The ROOTLESS

 

SATOKO[Drums], JUON[Guitar]

 

そしてドラムスのSATOKOさんとギターのJUONさんは
FUZZY CONTROL(ファジー・コントロール)のメンバーです。
(通称ファジコン)

ファジコンの公式サイトでも告知されてます↓
→FUZZY CONTROL公式サイトはこちら

B’zが好きなら気にいるはず↓↓↓

FUZZY CONTROL「”wise”」at ZEPP TOKYO

ちなみにJUONさんの妻は
ドリカムの吉田美和さん

ここでB’zと同期のドリカムがきました( ゚д゚ )
まさに縁ですね~

ファジコンのツイッターでもこんな風に
呟かれてましたよ!!

 

こうやって見ると、どのメンバーも稲葉さん
のサポメンにふさわしく魅力的ですね!!

B’z、稲葉さんの音楽が好きなら、
この人達の音楽も間違いなく好きなはず!

いや~どんな音楽が作り上げられるのか楽しみです(^_^;)

これからはサポメンの方々の音楽もチェックしなければ!!

それでは。

稲葉ソロ新曲「泣きながら」配信スタート!!

稲葉さんの2014年新曲「念書」に続き、
第二弾となる新曲が遂に発表!!

B’zでは聴けない感じの
仕上がりになってます!!

この新曲はすでに配信スタート!&PVも見れます!!
スポンサーリンク

稲葉ソロ第二弾!!「泣きながら」

Digital Exclusive Single
「泣きながら」

ITunesで購入できます↓

これまた稲葉さん独特の世界が広がっています。

第一弾の「念書」とはまた
ガラリと雰囲気が変わりましたね。

第一弾シングル「念書」

 

WS000099 WS000138
スポンサーリンク

ジャケットもなんか同じ雰囲気!
”円”は稲葉ソロで大事なキーワードです。


そして「泣きながら」ですが、ギターの音がないです。

稲葉さんの曲では珍しいですね。

あと歌い出しの声とサビの声の印象が全然違う気がします!
稲葉さん歌い方変えてるのかな??

サビではいつもの稲葉さんです。

稲葉さんは声一つでも色んな顔を見せてくれます!

それと配信直後の深夜に聴いたせいか、

寝る前に聴きたい曲!!
って印象ですね(^_^;)

この曲は稲葉さんの優しい声が印象的な曲です。

そして、歌詞については「大切な人との人間関係」
を歌っているんでしょうか??

PVからも日常が想像できます。
そしてその関係を一度壊してしまったんでしょうか?

サビの歌詞

「仲直り出来たなら、一緒に目覚めたい

優しい言葉だけを思い浮かべてゆくよ

大切なモノに気づくのはいつも真っ白い朝日の中」

 

稲葉さん特有のちょっと暗い、
独特な雰囲気を持った作品ですね。

これはLIVEで聴いてみたいです!!
泣きそう(>_<)

それでは。

☆Meet&Greet☆(ミートアンドグリート) ~B’z用語集~

B’zに会うなんて夢のまた夢・・・
そんな風に誰もが思っています・・・

しかし!!

・B’zが目の前で会える!!
・B’zと握手できる!!
・B’zのお二人と写真が撮れる!!

そんなチャンスが存在します。

それが!!

☆Meet&Greet☆(ミートアンドグリート)

ただ、かなり幸運な人しか手に
入れることはできません・・・

当然か(笑)

どうしたらそんな幸運と巡り会えるのでしょう??
スポンサーリンク

B’zの2人と会える☆Meet&Greet☆とは??


・1999年のBrotherhoodツアーからスタートした企画。

・B’zPartyチケット購入者の中から抽選により
   本番前のメンバーに会うことが出来る。

・本番前の楽屋に呼ばれ、一緒に写真撮影ができる。

・B’zのお二人にお土産を持って行ったり、
 握手できたりする。

・原則1会場につき、10人前後である。

・毎回のツアーで開催されるわけではない


いや~いかにプレミアムで夢の様な企画

かがわかりますね!!

このMeet&Greetですが、海外アーティストは
よくやっている企画のようですね。

そこで、松本さんが取り入れたとのこと。
さすがB’zのリーダー、プロデューサーですね(^_^;)


そしてこのMeet&Greetはチケット発送

と一緒に当選が発表されます!!

なのでB’zファンはチケットが実際に
届くまでドキドキなわけです。

噂によると会員歴などは関係なく
平等に抽選されているとのこと。

なので誰にでもチャンスはあるんです!!

一生に一度はB’zに直接会いたい(>_<)

☆Meet&Greet☆はそんなB’zファンの
唯一の希望なのであります。

それでは。

B’zライブの定番!「おつかれーっ!」はいつから始まったのか!?

B’zのライブに行くと必ずとやる
「定番」がいくつかあります。

その一つが!ライブの最後にみんなでやる、

「おつかれーっ!」

詳しくこの記事をごらんください↓
→「おつかれーっ!」の詳しい記事はこちら

さて、今や定番となっている
この「おつかれーっ!」ですが、

いつからやってるのか?

誰のアイデアなのでしょう??
スポンサーリンク

「おつかれーっ!!」が始まった理由!

 

Q.「おつかれーっ!」はいつからやっているのですか?

松本さん
「出所もいつからやったのかもわからない」

稲葉さん
「今や快感の絶頂ですけでね(笑)」

B’z 20th ANNIVERSARY SPECIAL ISSUEより

うん。これはファンの僕らもそうですね(^_^;)
結局お二人もいつから始めたか,はっきり覚えていないようです。

しかし、、松本さんは、”OFF THE LOCK”の時は
やってないと思う。”RISKI”からかなとも答えてます。

なので90年から91年頃のツアーからでしょう。
スポンサーリンク

「おつかれーっ!」の生みの親とは??

 

「おつかれーっ!」でもう一つ気になるのは、
誰が考えてやりだしたのか??

これについてお二人はこの様に答えてます。

松本さん
「カメラマンの黒澤さんだよ。」

「撮影し終わった時にいつも「おつかれっ」ってやってた。

「それを真似し始めたのが最初だ」

稲葉さん
「それをライヴでやったんだ」


というわけで、生みの親はこの黒澤さん

というカメラマンさんのようです・・・

少し意外でしたね(笑)

でもこれだけ浸透した今となっては
黒澤さんに感謝です。

誰か知りませんが(・_・;)

この頃からB’zはスタッフさんとも仲よかったんですかね。

てっきり稲葉さんがせーの!」と声をかけるので、
稲葉さんアイデアかと思ってました。

そんな感じで、最初は手探りでやっていたことも
続ければB’zの定番になっちゃいましたね。

B’zの芸風として浸透しました。

B’zも26周年突入!!
やはり続けるって大切だな~

それでは。

稲葉浩志 「en-zine」3月26日に何かが起こる!?


稲葉浩志 Official Website「en-zine」

がオープンしてもうすぐ1ヶ月が経ちますね!!

このサイトでは毎月新たな情報やコンテンツを
発信していくと予告していましたが、

遂に3月!!「en-zine」に動きが!!


3月26日 (水) 午前0時「en-zine」を要チェックです!!

スポンサーリンク

稲葉ソロ2014年第2弾となる新曲の配信がスタート

 

本日3月20日、こんな情報が!↓

【NEWS】稲葉浩志 Official Website「en-zine」にて、
3月26日 (水) 午前0時から第2弾となる新曲の配信が
スタートします♪お楽しみに♪

 

B’zオフィシャルツイッター
→B’z Official Twitterはこちら

B’zオフィシャルフェイスブック
→”B’z Official Facebook Pageはこちら

で流れました。

しかし!B’zのサイトや「en-zine」のニュース
には記載されていないのが謎・・・・

何故でしょうか??なので・・・

B’zのフェイスブックやツイッターをフォロー
してない人は気づいてないかもしれませんが、

3月26日 (水) 午前0時から稲葉ソロ
第2弾となる新曲の配信がスタート!!!

ちなみに第1弾は「念書」↓↓↓

Digital Exclusive Single「念書」

 

第2弾はどんな仕上がりになっているのでしょうか??
第一弾は稲葉ワールド全開!!
歌詞が深い少しダークな印象でしたが、

第二弾はどうなってるんだ??

早く知りたい(>_<)

それと配信というのが手に残る形でゲットしたい
僕としては少し気になりますが・・・・

とにかく!!

3月26日 (水) 午前0時には!!

稲葉浩志 Official Website「en-zine」
→稲葉浩志 「en-zine」はこちら

を要チェックです!!

それでは。

Takさんニューアルバムのジャケットが判明!!

タックさんのNEW ALBUM「New Horizon」が
2014年4月30日リリース決定してますが、

遂に気になるジャケットが公開されました!!

ジャケットはまさに「New Horizon」!!
新境地に入ったと思わせるようなデザインです!

スポンサーリンク

「New Horizon」ジャケット写真

 

WS000112いや~オシャレですね~

岸壁がギターの形に削られてます。朝日、水平線、
新しい可能性を感じさせられるジャケットですね。

Tak Matsumoto の表記がアクアブルーなのは
シグネチャーモデルの影響でしょうか??

今までにあまりない感じの松本さんの
ニューアルバムジャケットでした。

→Takさんライブツアーに関する記事はこちら 

 

 

B’zが「笑っていいとも!!」に花を贈った相手とは??

B’zが3月13日の「笑っていいとも!!」の
テレフォンショッキングのゲストに花を送ったそうです。
B’zがそんな事するのってあんまり
聞いたことないですよね??

「僕もかなり驚きました・・・」

気になる相手は以前からB’zと交友があると
語っている、あの歌舞伎役者さんです!

スポンサーリンク

 

B’zが歌舞伎を観に来るらしい・・・

B’zのお二人が「いいとも」のゲストに
花束を送ったのは歌舞伎俳優の

片岡愛之助(42)さんです

ドラマ、半沢直樹のオネエ役が話題になった人ですね。

僕もこの回見ましたが、ちゃんと、お二人の名前が
書かれた花が一番目立つ所に飾ってありました。

そして、タモリさんが

「えっ、B’zと付き合いがあるの?」

と驚いてましたね(^_^;)

「芝居を見に来てくれるんですよ」
とB’zの2人の観劇を明かしました。

「意外と客席に座っていても、みんな
気がつかないんですよ。年齢層が高いので」

と、歌舞伎ファンの中でのB’zの“透明感”を面白そうに話しました。

歌舞伎を見に来る人はさすがに気づかないかもしれませんね。
でも逆に歌舞伎を観に行けばB’zに会えるかもしれません(笑)

B’zとタモリさん


そういえば、タモリさんもB’zが好きなようで

B’z25周年時にタモリさんが送ったメーッセージ
が素敵と話題になりましたね

→タモリさんメッセージはこちら


タモリさんメッセージ↓

25周年おめでとうございます。
毎回新曲を聴くたびに『B’zだ』
という集中する気持ちの態度が出来てきます。
それはどこかにスキを見つけようとするのですが
完璧に近く結局『B’zだ』と納得させられるのです。
今後の御活躍を期待しています。

 

僕も全く同感ですね。
タモリさんはよくB’zを知っている。

以前、「芸能人になってなかったら何になっていたか」
というトークでタモリは「俺だったらB’zになりたい」
と言ったそうですね。

タモリさんになりたい人もいっぱいいると思いますが・・・
B’zってやっぱすげえ・・・

スポンサーリンク

片岡愛之助さんのB’z「愛」

片岡愛之助さんはテレビでよく
「B’zファン」を公言しています。

以前、情熱大陸に出ていましたが、

楽屋に「GLORY DAYS」のDVDが置いてありました。
WS000797

楽屋で毎日DVD観てるようですね。

B’z25周年時の愛之助さんの
メーッセージにも書いてあります。

→片岡愛之助さんのメッセージはこちら

この「情熱大陸」では2013年9月に行われた
B’z LIVE-GYM Pleasure 2013
-ENDLESS SUMMER-
の最終日限定Tシャツも着てました。

相当好きなようです(^_^;)

そして「エンサマ」札幌ドームのライブ終わりには
松本さんと食事に行ってたようですよ!

愛之助さんのブログで詳細されてます↓

→気まぐれ愛之助日記

松本さんオフショット!!貴重ですね。

また、日本テレビの「おしゃれイズム」でも
松本さんは数少ない友達と言っていました。
これほどB’zとの関係を話してくれる
芸能人もあまりいませんよね。

B’zの新たな一面が見れてB’zファンとしては
嬉しい限りです(^_^;)

あ~B’z「いいとも」に出ないかな~

それでは。

B’z ~B’zの1st Album~

B’zはアルバムとシングル2作同時発売!!
でデビューしました。

1st Album「B’z」

1st Single「だからその手を離して」

B’zの記念すべきデビュー作ですね。

今回はその記念すべきデビュー作
「B’z」について書いていきますよ!!

スポンサーリンク

アルバム「B’z」は限界だった??

ファーストアルバム「B’z」はお二人にとって初めてのアルバム。

当然、制作も初めてなので様々な苦労があったようです。

「デビューの時は作曲するのもアマチュアの時以来だったから」

「稲葉だって作詞するの初めてじゃない?」

これは松本さんのデビュー当時を
振り返ったインタビューですが、

B’zもこんな時があったんです。

デビュー当時はとにかくガムシャラだった。
とも松本さんは語っています。

B’z結成前、松本さんはスタジオ・セッションミュージシャン
でしたし、稲葉さんは本当にアマチュアでした・・・

稲葉さんは詞に対して、「歌詞は英語だ」と思っていたり、
歌詞を書くのも最初は恥ずかしかったようです。

だから初めは歌詞を英語で書いて、使いたい部分だけを
英語で残して、後は日本語にするという作業をしていたそう。

そういえば、この当時は英語の歌詞が多いですね^_^;)

「B’z」には二人が作っていない曲が・・・

B’zのファーストアルバム、実は・・・

お二人の詞、曲じゃないものが1つずつ存在します。


Nothing To Change(この詞のみ亜蘭知子作詞)

孤独にDance in vain(この曲のみ大槻啓之作曲)

意外な事実ですね。

「だから1枚目は限界だったんです」

「もう曲ができなかった」

「だってお互い作詞家、作曲家としてはアマチュアなんだから」

「別冊カドカワ」より

これ、松本さんが言ったとは思えない発言ですが、
あるインタビューでこの様に答えてます。

事実を認めるところもカッコイイですね。
B’zにも、もがき苦しんでいた時代があったということです。

 

歌うやつが歌詞書いて、演奏してる人が
曲書いてないとリアリティーがない。

と以前、松本さんは言っていましたから、
やはり相当限界だったんでしょう・・・

そういった意味でもかなりレアなアルバムです。

スポンサーリンク

「B’z」収録曲

01. だからその手を離して

02. Half Tone Lady
03. ハートも濡れるナンバー ~stay tonight~

04. ゆうべのCrying ~This is my truth~

05. Nothing To Change

06. 孤独にDance in vain

07. It’s not a dream

08. 君を今抱きたい

09. Fake Lips

 「B’z」のおすすめ曲

だからその手を離して

やはりデビュー曲でしょう(^_^;)
お二人若いです!!

B’z LIVE-GYM Hidden Pleasure ~Typhoon No.20~

WS000101

→このDVDの詳細はこちら

ちなみにこのDVDのディスク2には

だからその手を離して 
B’z LIVE-GYM ’99 “Brotherhood -Extra-”が収録。

デビューして約10年たって演奏しても
超カッコイイのでおすすめです!


ハートも濡れるナンバー 〜stay tonight〜

デビューシングルの2nd beatです。
B’zのブルース好きな人にはオススメ!!

 

というわけでB’zの記念すべきファーストアルバムについてでした。

デビュー当時は打ち込みとギターサウンドの融合を
松本さんは目指していたようなので、今のB’zとは
ちょっと違ったサウンドを聴けると思いますよ!!

それでは。

 

神風動画 (かみかぜどうが) ~B’z用語集~

神風動画 (かみかぜどうが)

神風動画 (かみかぜどうが)はアニメーション
・CGに関する企画・制作をする会社です。

B’zのDVDでアニメーションコンテンツの
企画、制作を担当したことがある会社です。

さて、それはどのDVDでしょう??
スポンサーリンク

 

神風動画 (かみかぜどうが)とは??

神風動画作品デモリール2013

神風動画

神宮前を拠点とし、「妥協は死」の社訓を胸に、CGプロダクション
とアニメーションスタジオの混血児として活動しています。3DCGを、
独自の技術で2Dのセルの絵のように仕上げる作風を生み出した元祖とも
いえるチームで、MVやツアー映像などの音楽系や、ゲームのOP、テレビCM
などの幅広い分野で高く評価されており、アニメーションMV監督作品数では
最多を誇ります。作品の品質と、企業としての待遇の両面の充実を目指しています。

 

1998年に代表の水崎淳平氏が京都で個人事業として活動をスタート。

「妥協は死」強烈な言葉ですね・・・
とてもストイックな言葉、この縁があったのも納得できるかも・・・

ちなみに、『FREEDOM』を制作していたYAMATOWORKSの
森田修平、桟敷大祐は神風動画の出身です。

 
スポンサーリンク

B’z LIVE-GYM Hidden Pleasure 〜Typhoon No.20〜

『B’z LIVE-GYM Hidden Pleasure 〜Typhoon No.20〜』

WS000101

→このDVDの詳細はこちら

結成20周年を記念して今まで映像作品化されなかった
B’zのライブ映像から「30曲+α」を厳選して収録したDVD。

そして、このライブ映像とは別に『不正取引 捜査資料』
というタイトルのアニメーションが収録。

この曲間のアニメーションコンテンツの企画、制作を
したのが、神風動画というわけです(^_^;)

→神風動画の公式サイトはこちら 

超カッコイイサイトです・・・
見ておきましょう!

アニメーション制作オファーの流れ

 

アニメーション制作会社の方にオファーの際に、
企画だけを話してB’zという名前は一切出さなかったんです。

制作会社の方から、企画だけで面白いですねやりましょう!
的な答えも頂きました。その、ネームバリューではなく、
アーティスト名を出さずともやりましょう!となってくださった
ところにも信用が置けましたし、面白いものが生まれると感じました。

「be with vol80より」

B’zの会報にもこのようなストーリーが紹介されていました。
神風動画という会社の本物さ加減が伝わってきます。

B’zと知った時は驚いたでしょうね(^_^;)

というわけで、神風動画の紹介でした。
次にB’zとやるのは30周年でしょうか??

それでは。

bz%e3%82%bd%e3%83%ad%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc
Return Top