Read Article

1018B'z愛用品

bz%e3%82%bd%e3%83%ad%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

松本孝弘×伊藤政則bayfm25th スペシャル対談ラジオ内容まとめ!Part3

9月30日のbayfm開局25周年特番に
伊藤政則×松本孝弘(B’z)のスペシャル対談
が実現しましたね。
前回の内容のまとめPart1はこちら↓↓↓
→松本孝弘×伊藤政則bayfm 25th スペシャル対談ラジオ内容まとめ!Part1

前回の内容のまとめPart2はこちら↓↓↓
→松本孝弘×伊藤政則bayfm 25th スペシャル対談ラジオ内容まとめ!Part2

今回は第三弾です!!

それではどうぞ。
スポンサーリンク

松本孝弘×伊藤政則bayfm 25th スペシャル対談ラジオ内容まとめ!Part3

・高校の時自分が夢見ていたことは達成しているとは思う。
(バンドを作って、武道館のステージに立つ)

B’zは91年達成

・今でも武道館は好き。

・16歳の時思い描いていたギターヒーロー像と今の自分はとは違う。
(リッチー・ブラックモア、ジミー・ペイジ、マイケルシェンカーにはなれない)

・日本人の洋楽離れは、90年代邦楽が充実していたから。
90年代みんなが歌詞に行ったので、
邦楽で事足りてしまった。

B’zにおいて歌詞が重要だと意識した時期は??

 

・2枚目、3枚目「BREAK THROUGH」ぐらい

その頃、稲葉さんが歌詞が書けなくなった。(悩んでいた)

・お正月に励ましに稲葉さんと松本さんディレクター
と3人で一緒に焼き肉に行った。

(発売日が迫り、稲葉さんは正月返上で一人で作詞をやっていた)

その時悩んでたのは、3枚目のシングルの歌詞「LADY-GO-ROUND」

B’z / LADY-GO-ROUND

・その悩んだ曲「LADY-GO-ROUND」がチャートで
いいところまでいった

・その時のアルバムが3rd Album「BREAK THROUGH」

WS000006→このCDの詳細はこちら

チャートで4位になった。

まさにブレイクスルー!!!

・「BREAK THROUGH」の前に1st Mini AlbumBAD COMMUNICATIONで布石になっていた。

B’zにとってタイミング的に大事な所

ここで稲葉さんが歌詞の難しい所を乗り越えた。

 

スポンサーリンク

B’zの500曲以上ある楽曲の中から1曲

アルバム ELEVEN 収録
「Seventh Heaven」

WS000020→このCDの詳細はこちら

 

選んだ理由

 

・アルバム通してギターが好き

・今の松本さんにはない勢い、若さがある。

 

・松本さんはぶっちゃけ15歳からプロになりたいと思っていた

・ブレずに進んできたのは「好きな度合いが人よりどれだけすごいか」というところ。

・松本さんはツアー、レコーディング両方好き

ツアーは体が厳しい、レコーディングは頭を使う。

・B’zのオリジナル・アルバムが4年空いたのは過去にない

・B’zはロックなアルバムを制作中

・B’zはコンセプトを作って制作しない。

・松本さん、稲葉さんは今ロックな気分

・16歳の自分が今の自分へ「その調子で頑張ってくれ」

松本孝弘が魂を感じる曲

DEEP PURPLE 24 Carat 収録
Black Night

WS000506

→このCDの詳細はこちら

 

というわけで松本孝弘×伊藤政則bayfm25th
スペシャル対談ラジオのまとめでした。

いや~かなり深い内容で大満足でしたね~

Takさんがギタリストを志した
日からの歴史がよくわかりました!

最後にPart1からまとめておきます

→松本孝弘×伊藤政則bayfm 25th スペシャル対談ラジオ内容まとめ!Part1

→松本孝弘×伊藤政則bayfm 25th スペシャル対談ラジオ内容まとめ!Part2

それでは。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

関連記事はこちら

bz%e3%82%bd%e3%83%ad%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc
Return Top